医師一人では開業するのは一苦労

医師一人では開業するのは一苦労

わたしは医科大学を卒業後、ある個人病院で勤務医として5年間働いてきました。わたしが開業をする気持ちになったのは、自分の理想とする医療をめぐって院長との間に意見の違いが出てきたからでした。そんなわけで、一人の医師としては最終的に自分で医院を開業するのが最善の策だとの思いが強まってきましたので、思い切って自立したわけです。しかし、わたしの家系で医師は自分が初代でしたので、開業するのは思っていたよりもはるかに大変なことでした。

まず第一にやはり問題になったのは開業資金でした。いままで銀行から借金などしたこともなく、銀行との取引方法などまったく分かりませんでしたし、役所関係のいろいろな法的手続きなども何をどうしていいのやらまったく分かりませんでした。そんな折に大学の医局の先輩の話から開業の世話を専門にしている業者があるという事を聞きましたので、さっそく紹介してもらったのです。その業者を知らなければ開業までは中々スムーズに運ばなかったと思います。最初は怪しい会社ではないか、などと思ったりもしましたが、そんなことはありませんでした。

医師の開業を専門に扱っているだけあって何事もてきぱきと、しかもキッチリとした仕事をしてくれます。医師会の入会方法から、地域の患者数のリサーチ、テナントで開業するのか買取でいくのか、医院の設計から内装、建築業者の紹介、スタッフの募集方法、医療機器メーカーの紹介、保険所への各種法的届出書類の書き方、などすっかりお世話になりました。ここまでするのは一人では大変な労力が必要だったでしょう。

新着情報

おすすめサイト

関連情報